ピックス

TOPICS

無料体験イベントのご案内 <6月><7月>

自由が丘校 2024.06.08



小4
対象
<算数&国語・1日体験講座

鉄能会の思考&試行型・集団指導を体験していただくための講座を設けました。なお、本講座は単なる体験授業としての位置付けではなく、ご本人の性格および能力をプロの目で分析し、ご希望の保護者様には学習相談にてフィードバックを行ってまいります。中学受験に挑む、すべてのご家庭に役立つ講座として、ぜひお気軽にご参加いただければと存じます。
※一般外部生専用講座となります

 
【6月】
◆6月01日(土) 9:20-10:30
◆6月15日(土) 9:20-10:30
◆6月22日(土) 9:20-10:30
◆6月29日(土) 9:20-10:30
【7月】
◆7月06日(土) 9:20-10:30
◆7月20日(土) 9:20-10:30
 
※参加希望日をご選択ください(ご案内は1回限りとなります)
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます
 

小5対象
<算数&国語・1日体験講座

鉄能会の思考&試行型・集団指導を体験していただくための講座を設けました。なお、本講座は単なる体験授業としての位置付けではなく、ご本人の性格および能力をプロの目で分析し、ご希望の保護者様には学習相談にてフィードバックを行ってまいります。中学受験に挑む、すべてのご家庭に役立つ講座として、ぜひお気軽にご参加いただければと存じます。
※一般外部生専用講座となります

 
【6月】
◆6月01日(土) 9:20-10:30
◆6月15日(土) 9:20-10:30
◆6月22日(土) 9:20-10:30
◆6月29日(土) 9:20-10:30
【7月】
◆7月06日(土) 9:20-10:30
◆7月20日(土) 9:20-10:30
※参加希望日をご選択ください(ご案内は1回限りとなります)
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます
 
小2~小3対象
<図形の極・1日体験講座>
 
※iPad使用講座
いま話題の玉井式メソッド「図形の極(きわみ)」を鉄能会で受講することができるようになりました。公式に頼らない図形脳を育てる同プログラムは、海外の名門小学校や日本国内の有名私立小学校でも導入されている非常に優れたプログラムです。公式に頼らない指導内容は鉄能会の理念とも合致し、子どもたちの知的好奇心を刺激しながら、中学受験に必要な論理的思考力を鍛えることに繋がります。ぜひ無料体験にご参加ください!

■土日を除く「6月10日(月)~28日(金)」または「7月1日(月)~19日(金)」の期間
※時間帯は「15:50-16:50」

※参加希望日・時間帯をご選択ください(ご案内は1回限りとなります)
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます
 
小3・小4対象
<思考×試行力アップ・パズル講座>
論理思考型パズルを用いて、子どもたちの思考力や試行力、発想力、忍耐力など、中学受験に必要となる様々な能力を鍛えてまいります。何よりも楽しみながら手とアタマを動かす経験が、子どもたちの能力を伸ばすことに必ず繋がります。
 
【6月】
◆6月
01日(土) 10:40-11:40
◆6月15日(土) 10:40-11:40
◆6月22日(土) 10:40-11:40
◆6月29日(土) 10:40-11:40
【7月】
◆7月
06日(土) 10:40-11:40
◆7月20日(土) 10:40-11:40
※何度でもご参加いただけますが、同時に複数回の予約はできません。
※定員になり次第、締め切りとさせていただきます
 
小3~小6対象
<集団指導・無料体験> 
【小3】
土日を除く「
6月3日(月)~28日(金)」または「7月1日(月)~19日(金)」の期間、週1日・最大連続2週間までご参加いただけます。
※月曜日~金曜日より1日選択制となります
※2週連続のご希望の日程をお知らせください (例)4月18日(木)・26日(金)
※時間はすべて15:50-16:50(算数30分、国語30分)となります


【小4~小6】
土日を除く「
6月1日(土)~29日(土)」または「7月1日(土)~20日(土)」の期間より、最大2週間(連続に限る)
※事前に状況分析(120-150分程度、要予約)を実施させていただきます
※時間割などの詳細につきましてはお問い合わせください

※定員になり次第、締め切りとさせていただきます
※初めてご参加の方が対象となります

■申し込み方法
 □初めての方/以下より
お申込みください
  無料体験イベント申込フォーム


 □イベント講座リピーターの方/各校舎宛にメールにてお知らせください。

★学習相談のみのご希望も受け付けております

鉄能会自由が丘校 教室責任者 池本 健太郎